タレント

伊沢拓司の年収は3000万超?仕事は会社の社長/YouTuber/タレントなど!

最近はテレビタレントとして活躍することの多い伊沢拓司が話題となっています。

東大王としてテレビ出演するようになり、今では様々なバラエティ番組、YouTubeチャンネルのQuiz Knockも有名になり、ご自身も起業家として話題です。

とはいえ「一体どういったことをしているのか?」という事はあまり知らない方が多いです、

 

そこでこの記事では話題の伊沢拓司の仕事や年収をテーマに話題になる前から伊沢拓司が好きだった僕が解説していきたいと思います。

 

具体的には

  • 伊沢拓司の年収
  • 伊沢拓司のやっている3種類の仕事
  • 伊沢拓司が東大院を中退した理由

といった順番で解説していきます。

 

話題の伊沢拓司が一体どんな仕事をしているのか?という事がしっかり理解できる記事となっていますので、ぜひ読んでみてください。

伊沢拓司の年収は3000万超?

 

この投稿をInstagramで見る

 

ここ(@coco___ch)がシェアした投稿

最初に結論から書くと伊沢拓司の年収は「3000万超え」と言われています。

伊沢拓司の仕事ですが

  1. Quiz Knockの社長
  2. Quiz KnockのYouTubeチャンネル
  3. テレビタレント業

の3つに分ける事ができます。

 

まずYouTubeチャンネルの年収についてですが、収入ランキングサイトで確認してみると…年収が「2238万円」もらっていると書かれていました。(引用:Tuber Town

これは再生回数に基づいた年収なので、企業案件などを含めるともっと貰っていてもおかしくありません。

 

またQuiz Knockは7人組のYouTuberなので、一人頭300万くらいとなりますね。

ただ伊沢拓司はこの中でリーダーでもあり引っ張っていく存在でもあるので、割合によってはもう少し貰っているパターンも考えられますね。

 

そしてテレビタレント業ですが伊沢拓司の所属しているワタナベエンターテインメントは「所属芸能人:事務所=7:3」という割合の取り分なので、相当貰っていると思います。

伊沢拓司は東大王とくりぃむVS林修!超クイズサバイバーに出演していて、グッとラック!では月曜日のコメンテーターとして出演されています。

また「たまむすび」に水曜日第2週目レギュラーとして出演していて、その他の単発での出演も多いです。

これら総合してどのくらい貰っているかは分かりませんが「マツコの知らない世界」では一本20万円のギャラが支払われるそうなので、それを考えると相当貰っているかもしれませんね。

 

その他には講演会やイベントなどもあるので、総合して「3000万超え」という年収になるわけです。

東大卒業者の平均年収は700万を超えると言われていますが、伊沢拓司は軽々超えていきますね。

にしても25歳で年収が3000万越えが凄すぎまず…。

伊沢拓司の仕事を解説。

ここからは伊沢拓司のやっている仕事について解説していきたいと思います。

伊沢拓司の仕事は3つに分ける事ができ

  1. Quiz Knock社長
  2. YouTuber(Quiz Knockチャンネル)
  3. テレビタレント業

の3つがあります。

 

では1つずつ解説していきます。

伊沢拓司の仕事①Quiz Knock社長

伊沢拓司は通っていた東大大学院を中退し「株式会社Quiz Knock」を設立し、社長となりました。

株式会社Quiz Knockでは様々な事業を行なっていて

  • Quiz Knockのメディア運営
  • Quiz KnockのYouTubeチャンネル
  • クイズを題材にした書籍の出版
  • 書籍やゲームの問題の提供・作成の協力

などがあります。

 

元々Quiz Knockは「身の回りのモノ・コトをクイズで理解する」をコンセプトとしてメディア運営が開始され、さらに読者を増やすために「楽しいから始まる学び」にコンセプトを変えました。

また伊沢拓司は動画にて、もっと「楽しいから始まる学び」を広めていけるように、これから活動していくと語っていました。

伊沢拓司の仕事②YouTuber(Quiz Knock)

Quiz Knockチャンネルは7人組で

  1. 伊沢拓司(いざわ たくし)
  2. 川上拓朗(かわかみ たくろう)
  3. 河村拓也(かわむら たくや)
  4. ふくらP/福良拳(ふくら けん)
  5. 須貝駿貴(すがい しゅんき)
  6. こうちゃん/渡辺航平(わたなべ こうへい)
  7. 山本祥彰(やまもと よしあき)

から構成されています。

 

楽しいから始まる学びをコンセプトとして、YouTubeチャンネルではクイズをテーマに動画を撮っています。

クイズに関しては企画が出切ったのではないかなというくらい、企画力が素晴らしく、様々な角度からクイズの動画を出しています。

 

またYouTubeはふくらPの発案で「クイズに特化したYouTubeチャンネル」がなかったので、YouTubeでもQuiz Knockの発信がしたいと考えていたといいます。

またふくらPは元々YouTubeが好きでQuiz Knockは勝算があったようです。

 

そして2019年11月24日にチャンネル登録者数が100万人を突破しました。

伊沢拓司の仕事③テレビタレント業

伊沢拓司はテレビタレント業もやっていて、ワタナベエンターテインメントに所属しています。

【テレビ】

・東大王

・くりぃむVS林修!超クイズサバイバー

・グッとラック!(月曜日のコメンテーター)

【ラジオ】

・たまむすび(水曜日第2週目レギュラー)

はレギュラーで出演しています。

 

また初耳学やQさまなど単発での出演も多いです。

最近はクイズ番組がかなり多いので、もっと出演が多くなっていく事でしょう。

番外編:本の執筆で印税もすごい

 

この投稿をInstagramで見る

 

Seiwado.Book.Store.(@seiwado.book.store)がシェアした投稿

伊沢拓司は本の執筆もたくさんされています。

今までに出版した本は

  • 勉強大全 ひとりひとりにフィットする1からの勉強法
  • 無敵の東大脳クイズ
  • 思考力、教養、雑学が一気に身につく! 東大王・伊沢拓司の最強クイズ100
  • QUIZ JAPAN全書03 東大生クイズ王・伊沢拓司の軌跡 Ⅰ ~頂点を極めた思考法~

など勉強やクイズ関連の本が多いです。

 

一般的に本の印税は出版社に違いはあれど「定価の約10%」と言われています。

なので1000円の本が売れたとなると「100円」が印税となります。

それが10000部売れたとなれば、入ってくる印税は「100万」にもなります。

(式→1000円×10000部×10%×1冊=100万円)

 

どれだけ売れているかなどは非公開で分かりませんでしたが、Amazonでの評価も高いですし、印税も相当なお金が発生していると考えていいでしょう。

伊沢拓司が大学中退して起業した理由は何?

伊沢拓司は開成中学校→開成高等学校→東京大学経済学部→東京大学大学院という学歴の持ち主です。

こうやって並べてみるとエリート街道まっしぐらといった感じですね。

 

そんな伊沢拓司から2019年3月30日に大学院を中退するという動画が上がりました。

内容をまとめると

  • 大学卒業時は「研究者」になるつもりで大学院に入学した
  • 入ってみると自分より凄い人がたくさんいた
  • 自分がより何かを残せる仕事は何かと考えた結果、中退の道を選んだ

といった感じですね。

 

そして何か残せるのではないかと選んだ道は「株式会社Quiz Knockの設立」です。

伊沢拓司が社長となって「楽しいから始まる学び」をコンセプトとして、これから活動を続けていくと語っていました。

 

これからQuiz Knockがどのようになっていくのか楽しみですね!

まとめ

この記事では話題の伊沢拓司についてまとめてみました。

 

記事の内容を簡単にまとめると…

伊沢拓司は年収3000万超えと言われている。

 

仕事内容は

①Quiz Knockの社長

②Quiz KnockのYouTubeチャンネル

③テレビタレント業

の3つがある。

 

その他、執筆業もやっていて印税もかなり入ってきている。

 

東大大学院を中退した理由は、自分が何か残せる仕事を考えた時にQuiz Knockだと考えたため。

といった感じですね。

 

クイズはどの時代でも愛されるカルチャーで今後もっと発展していくと思うので、伊沢拓司ももっと大きくなっていくと思います!

こちらの記事もおすすめ