タレント

伊沢拓司の親の職業は何?勉強方法/教育方針/子育て方法をまとめてみた。

伊沢拓司が父親から教わったこと

ある日、サッカー少年だった伊沢拓司はワールドカップ日韓大会に夢中で、日本代表がベルギー代表に失点を喫した場面で「今のは川口だったら、絶対、止めれてたよ」と言いました。

それを父親の伊沢隆司は「絶対という言葉を軽々しく使うな」と叱りました。

 

きっと広報の仕事でコピーライティング業務に携わっていた父親の伊沢隆司はそういった言葉に敏感で厳しかったのだと思います。

 

ただそんな時も伊沢拓司は「そりゃそうだ、調子に乗ったな、軽々しく絶対という言葉を使うとダサいな、って思いました。」と語っていて、小学2年生にも関わらず、自分の間違いを素直に認められるのは凄いなを感じました。

まとめ

この記事では東大王でクイズ王の伊沢拓司の両親についてまとめてみました。

きっと両親の教育やサポートがあったからこそ、今の伊沢拓司がいると思いますし、起業家・テレビタレント・YouTuberといった3つの顔を持つ存在になれたのだと思います。

 

また今回の記事を簡単にまとめると…

伊沢拓司の父親は養命酒製造に勤めていてコピーライティングの仕事に携わっていた。

伊沢拓司の母親は新聞社でリサーチャーの仕事をしていた。

 

母親は「勉強しろ」と言うタイプで、父親は間違った時に正してくれるタイプだった。

父親からの毎晩の訓示と歴史の学習漫画などで、語彙力を増やし勉強に興味を持つ。

 

好きなことに対してはわりと放任主義。

 

父親からは「絶対という言葉を軽々しく使うな」と叱られたことがある。

といった感じですね。

 

クイズ王の伊沢拓司はこれからもっともっと色んな世界で活躍していく人だと思うので、これからも注目していきたいですね。

また世のお父様方、お母様方は教育方針や子育て方法を真似してみると、いいかもしれませんね。

1 2 3 4
こちらの記事もおすすめ