タレント

伊沢拓司の親の職業は何?勉強方法/教育方針/子育て方法をまとめてみた。

伊沢拓司の親の勉強方法や教育方針まとめ

そんな伊沢拓司の両親の素性が分かったところで、ここからは親の勉強方法や教育方針について解説していきます。

 

両親の教育方針ですが、母親は「勉強しろ」と言うタイプでした。

ただ教育に関しては手を抜かない母親で塾に関しては様々なところから情報を集めてくれて、高校3年生の時には教科ごとに違う塾に通い、合計4つの塾に通っていました。

逆に父親はあれこれ言うタイプではなく、伊沢拓司が何かおかしなことを言った時に正してくれるような人でした。

こういった2人のタイプがあったからこそ、知識を増やすことに関心を持って人間性も素晴らしいクイズ王・伊沢拓司が生まれたのではないかなと思います。

 

また勉強方法についてですが、両親のおかげで語彙力が増えていったと語っています。

①父親から毎晩の訓示がある

1つ目は「訓示」です。

訓示とは…?

上位の者が下位の者に、何か物事をするに当たってのその心得えや注意を行うこと。またはその教え。

という意味があります。

要は物事教えるということです。

この訓示を伊沢隆司はジョークを交えながら伊沢拓司に行なっていました。

ラジオ番組の「ジェットストリーム」のCDを流しながら「夜は静寂(しじま)の〜」と番組の決まり文句を父親が語った時に、伊沢拓司がしじまの意味を聞くと「しじまというのはね…」と教えてくれていたといいます。

 

また父親は口達者で親戚の結婚式で司会をすると本業の方ですか?と聞かれるほどでした。

そんな父親からの訓示は伊沢拓司本人からしても、とても身のある時間だったと思います。

 

この父親の訓示のおかげで伊沢拓司の語彙力が増えていったというわけですね。

②両親の影響で読書好きになる

両親ともに読書家で伊沢拓司も読書好きになりました。

また物心ついた時には歴史小説の本だらけで、近くには歴史の学習漫画が本棚に並べられていました。

さらに休日には「父に車でブックオフに連れていってもらってずっと立ち読みをする」など、かなり小さい頃から読書をしてきました。

 

父親の訓示や歴史の学習漫画など、楽しく勉強をしてきたというのが分かりますね。

伊沢拓司が「Quiz Knock」を立ち上げたのも、両親の楽しく勉強を教えてくれた影響なのかもしれませんね。

伊沢拓司の親の子育て方法について

伊沢拓司の両親は勉強にはあまり手を抜きませんでしたが、わりと放任主義で夜中の3時までクイズをしていても怒られずにいました。

勉強には手を抜きませんが、好きなことには放任主義でやらしてくれる…こんな良い両親は他にいませんね。

1 2 3 4
こちらの記事もおすすめ