タレント

イモトアヤコと石崎Dの出会い・馴れ初め・デート・結婚までのまとめ。

イッテQ初の生放送で結婚発表があったイモトアヤコですが、ファンの間でも「おめでとう!」という声が相次ぎ話題となっています。

芸能人の結婚でこれだけ話題となり、祝福されるのもかなり珍しいです。

 

そこでこの記事ではイモトアヤコと石崎ディレクターの出会いから結婚までの流れや家庭をどこよりも詳しく分かりやすくまとめていきます。

 

具体的には

  • イモトアヤコと石崎ディレクターの出会いと馴れ初め
  • イモトアヤコと石崎ディレクターが行ったデートスポット
  • イモトアヤコと石崎ディレクターの結婚
  • イモトアヤコと石崎ディレクターの結婚に対する反応

といった順番で解説していきます。

 

番組を見ていると本当に気を許せて楽しそうなお二人ですし、これだけ祝福されているのは2人の人柄だったり絡みが好きな方が多いからだと思います。

こういったニュースが今後増えてくるとかなり良いですね^^

イモトアヤコと石崎ディレクターの出会いや馴れ初め

まずイモトアヤコと石崎ディレクターは「交際0日でプロポーズして結婚」といったかなり稀有なお二人です。

ただそれでも世間が驚かないのは2人の仲の良さを番組を通じて知っているからでしょう。

ここでは出会いから馴れ初めについて解説していきます。

①イモトから石崎Dの第一印象はよくなかった

イモトアヤコと石崎ディレクターが出会ったのは2007年10月のことで今よりも10年以上前のことです。

イッテQの企画である「珍獣ハンターオーディション」でイモトアヤコが面接を受けた際、面接官を担当していたのが石崎ディレクターでした。

こう聞くと何か運命的な出会いだったのかもと感じます。

そして1番足が早かったという理由でイモトアヤコが珍獣ハンターに任命されました。

 

もし足が速くなかったら、イッテQのオーディションに合格していなかったら結婚していない…と考えると何か感慨深いものがありますね。

 

ちなみにイモトアヤコは最初、石崎ディレクターのことが好きではありませんでした。(むしろ嫌いだった)

珍獣ハンターとしてインドネシアの島に行き、コモドオオトカゲと競争させられるというロケでイモトアヤコがフライングしてしまった時に石崎ディレクターが「まだ早いよ!!!!」と怒ったのがきっかけでした。

 

イモトアヤコはほぼ素人に近いような状態でしたし、面白い番組を作りたい石崎ディレクターからすると、厳しくしてしまったのかもしれません。

 

個人的には「最初の印象が悪い→結婚」と聞くと、どこの少女漫画だよって感じがします。笑

そういったストーリーも世間には受けているのかもしれません。

②イモトが意識し始めたのはキリマンジャロ登頂

石崎ディレクターに対するイモトアヤコの印象はずっと悪いままでした。

しかし2009年6月に企画されたキリマンジャロ登山でお互いの絆が深まり、少し意識し始めるようになりました。

やはり何か壁だったり困難を乗り越えると絆が深まるのかもしれません。

 

きっとイッテQというディレクターと演者という関係だったからこそ、深まった絆だと思います。

普通に出会っていたら最初の印象が悪いまま終わっていたでしょう。

困難を乗り越えるというのは大切なのかもしれません。

③気持ちに気付いたのは南極大陸

2017年12月には南極大陸登山を行い、そこで気持ちに気づき始めました。

南極やキリマンジャロといった山で極限状態になった時こそ、支えになる人なのかどうかがわかるので、そういった意味でお二人はお互い支え合ってやっていける存在だったのでしょう。

Twitterではこのような意見もあり、この時からファンに応援されているのが分かります。

 

 

出会いから馴れ初めについてはこういった流れです。

また個人的に感じたこととしてはイモトアヤコは石崎ディレクターの前では演者というより自然体でいれるような感じがします。

どこかカメラが入っていたりすると結構緊張してしまったり、気張ったりしてしまいがちだと思いますが、石崎ディレクターの前だと気を許していて素のイモトアヤコになっていたなと思います。

一視聴者としてもそういったお二人の絡みが素敵でしたし、自然体で話している感じが好評だったのではと思います。

イモトアヤコと石崎ディレクターが行ったデートスポット

イモトアヤコと石崎ディレクターは交際0日でプロポーズして結婚してから、はしゃいでしまい「ディズニーランド」にデートに行きます。

イモトアヤコはあまり日本におらず世界中に旅立っているので、恋愛をする暇がなく、石崎ディレクターとの恋愛はかなり久しぶりだったと語っています。

 

にしても30代と40代がはしゃいでディズニーランドに行くっていうのは、なんか物凄く微笑ましいですね。

イモトアヤコと石崎ディレクターのプロポーズ&結婚について

 

この投稿をInstagramで見る

 

イモトアヤコ 公式(@imotodesse)がシェアした投稿

イモトアヤコと石崎ディレクターのプロポーズですが、交際0日でプロポーズをしました。

しかも石崎ディレクターからではなくイモトアヤコからの逆プロポーズでした。

また普通にプロポーズするのは緊張するため「相談事がある」ということで手紙を書いていました。

しかし石崎ディレクターからは「性転換の相談か?応援するぞ」と言われ、何もイモトアヤコの気持ちに気づいていませんでした。

 

ただそれでも結婚するというのはどこかでお互い気持ちに気付いていたのかもしれませんね。

ちなみにこの逆プロポーズを得て、2018年5月の台湾ロケ帰国後に交際をスタートさせて交際期間1年半で結婚発表という形になりました。

 

交際0日で逆プロポーズで結婚というのはなかなか出来ることじゃないですし、お互い色々な壁を乗り越えてきたからこそ、出来ることかなと思います。

何はともあれ、幸せな家庭を築いていって欲しいですね。

イモトアヤコと石崎ディレクターに対する世間の声まとめ。

祝福の声が99%でした。

まとめ

今回の記事を簡単にまとめると…

イモトアヤコと石崎ディレクターは交際0日で逆プロポーズをして、2018年5月の台湾ロケ帰国後から交際して1年半の交際期間を経て 結婚発表をした。

イモトアヤコは石崎ディレクターのことが最初は嫌いだったが、困難な壁を乗り越えるとともに徐々に好きになっていった。

ディズニーランドなどでデートをしていた。

世間の声は祝福する声が多い。

といった感じですね。

 

これからも末長くお幸せに。。

こちらの記事もおすすめ