コメンテーター

原晋の妻との馴れ初めは?子供はいる?経歴や名言についても!

原晋の妻との馴れ初めは?

ではでは続いて原晋監督と奥さんの馴れ初めについて調べていきたいと思います!

 

奥さんは「原美穂さん」という方で現在は青学陸上競技部の町田寮の寮母さんとして活躍しています。

また結婚したのは1995年のことなので28歳で結婚したみたいですね!(美穂さんも同い年なので28歳です)

 

続いて馴れ初めですが、詳しくは分かりませんでしたがどうやら広島県で出会ったみたいですね^^

 

詳しい馴れ初めが分かり次第追記しますね!

原晋の子供について!

続いて原晋監督と美穂さんの子供についてみていきましょう!

 

そこで調べてみましたがどうやら2人の間には子供はいないみたいですね…!!

世間では「子供がいないのはなんで?」とか「不妊の噂」などもあるようですが、子どもがいない理由に関しては明かされていません…。

 

何やら事情があるのかもしれませんね。

 

子どもがいないので寮母の美穂さんは選手たちとの接し方を悩んだ時期があったみたい。ただ子どもがいないからこそ、徹底的に選手たちのことを考えて行動できるといった面もあるのかもしれませんね:)

 

そんな美穂さんは朝早くに起きて40人分の朝食を用意したり選手たちの身の回りの世話をしてきたみたい。

たまには選手の恋愛相談を受けることもあるのだとか…!!

 

さらには選手の変化にも気がつくようで

「食事の様子から学生の体調の変化に気がつきます。いつもうるさい子が静かになっていたり、ごはんを2杯食べている子がおかわりをしなかったり……。気になったことは監督に報告しています」

とコメントしていました。

このようなサポートがかなり大切なことが分かりますよね^^

 

またそんな人気者の寮母さんなので選手たちからは誕生日にエプロンをプレゼントされたりもするという。

箱根駅伝での活躍はもちろん原晋監督の力が大きいかもしれませんが、影でサポートし続ける美穂さんの力もあってこそだと思いますよね><

 

また原晋監督と美穂さんの子供に関しては何か分かり次第追記しますね!

原晋の名言についてしらべてみました。

では続いて原晋監督の名言について見ていきたいと思います!

たくさんいい言葉があったのですがここは僕が厳選したベスト5を紹介していきますね:)

 

  • 大きな目標を設定し、スケジュールの要所に小さなゴールを設けながら、クリアできるか自分でチェックしていく。その繰り返しで自信がつき、自分で考えて行動できるようになる。
  • 勝つためには泥くさいことを積み重ねていかなければならない。
  • 伸びる選手は「妄想」を抱いていない。目標と妄想は違います。目標は手の届く「半歩先」に置き、それを目指して練習する、その繰り返しだと思います。
  • 重要なのが、目標は一歩先ではなく、半歩先で設定すること。そうすることで、一つひとつ確実にクリアすることができるようになる。達成感を味わわせることがとても大切。
  • 人間は生まれも育ちも不公平だが、たったひとつ公平なものがある。それは、1日24時間という有限で貴重な「時間」という資源だ。時間をいかに有効活用するか。時間との戦いである陸上競技での勝敗はこの1点で決まる。
  • どうすれば夢が実現するか?できる理屈を積み上げていく、その繰り返しですね

 

選びきれなくて6つになってしまいました。笑

 

部活の時、こんな指導者がいたらよかったなぁなんて思ったりしますね笑

1 2 3 4
こちらの記事もおすすめ