テレビ

【あさイチ】台風の風から家を守る対策。窓ガラスにガムテープで補強?(9月19日)

2019年9月19日のあさイチでは台風の風から家を守る対策の特集がやっていました。最近の台風はかなり強いものが多いですからね。きちんとした対策を知っておくべきですね。

というわけでで本記事では台風の風から家を守るための対策をテレビの感想とともにまとめてみました。

▶︎主婦がスキマ時間に行うプチ副業

▶︎ヒルナンデスで紹介された秋の掃除グッズまとめ

▶︎前田敦子が産後10kg痩せたダイエット方法まとめ

▶︎今話題の月曜断食ダイエットとは?

風から窓を守る術

台風が来た時は風が強くなる前に「雨戸」や「シャッター」を閉めることが大切だそうです。やっぱりものが飛んで来た時に窓ガラスだけでは危ないですからね。

風が強くなってからは危ないので風が強くなる前に雨戸とシャッターを閉めるようにしましょう。

 

ただ家によっては雨戸やシャッターがない場合もありますよね。

そんな時は「ガムテープ」で補強することが大事です。

 

①ガムテープで窓枠を貼る

②ばつ印にする

③余裕があれば格子状にする

④その上からダンボールを上から密着するように貼り付ける

これで窓に対するガムテープでの補強はOKです。

これで窓の物がぶつかってもガラスが飛び散らずに済むんだとか。

ガムテープの跡を残したくない

ガムテープの跡が残したくない人は「飛散防止フィルム」を使いましょう。

飛散防止フィルムとは…?

割れても飛び散らないフィルムのことで、危険なガラス片の飛散を防ぐもの。

 

なのでこのフィルム一枚でガムテープとダンボールの代わりになります。

 

またとある動画で普通の窓ガラスと飛散防止フィルムとの違いを解説していましたので見てみてください。

 

かなりガラスの飛び散り具合の違いがわかると思います。

カーテンの台風対策

カーテンも単に閉めるのではなく中央にダブルクリップで挟むことが大事。真ん中と下の二ヶ所をクリップで止めましょう。

 

またこういった台風の風対策を家中の窓で行うのは大変ですよね。そんな時は人がいるようなリビングや寝室・長時間過ごす部屋で貼り付けるようにしてください。

台風は寝室で寝てる最中にものが飛んできて割れてしまう可能性もあるので、きちんと割れた時に飛び散るのを防ぐ対策をしっかりとしておくといいですね。

 

ちなみに先生によれば雨戸閉めて飛散防止フィルムをつけてダンボールつけるのがベストなんだそう。

 

また台風が怖い時は安全なところに避難するのが大事なので、窓から離れたところ(廊下、お風呂場、押入れ、クローゼット)に避難しましょう。

台風の対策で加害者にならないように気をつける

台風の時は風の対策だけではなく、自分が加害者にならないように気をつけましょう。自分の家のベランダや庭から物が飛んでいかないようにチェックすることが大事です。

チェックする物リストは…

  • 洗濯用品
  • 傘・傘立て
  • 植木鉢
  • 掃除道具
  • サンダル
  • ゴミ箱
  • 自転車
  • スポーツ用品・おもちゃ
  • すだれ・日除けシート

などなど。

 

特に自転車は柵の固定できる場所にチェーンなどを使って止めておきましょう。またそれが出来ない場合は倒して安全なところに置くのが大事です。

自転車など飛んでいくとかなりあぶないですもんね…。

またどうしても吹っ飛んでしまいそうなものは家の中にしまうのがベストです。

 

また一番飛んでいくものとしては植木鉢が多いらしいので、植木鉢はは固めて紐やテープでくくりつけておきましょう。

 

また吹っ飛びそうなものは壁に近いところに置いたり、ベランダだと四隅に置くと吹っ飛びにくくなるみたい。

台風の風対策を知っておこう

台風が来てから台風の対策を調べていては危険も伴ってかなり危ないので、心配する必要がない時に台風の対策を知って置くことが大事です。

ガムテープやダンボールは常に準備しておき、窓ガラスには飛散防止フィルムを貼るように準備しておきましょう。