斎藤佑樹の現在は?成績と年棒はどうなの?田中将大との比較も!

斎藤佑樹の現在は?成績と年棒はどうなの?田中将大との比較も!
スポンサードリンク

こんにちは!今日はある投手についてまとめてみました!

12月23日、クリスマス・イブの前日西麻布で斎藤佑樹と後輩の有原航平が合コンで盛り上がっていたというニュースが報道されました。

イブイブ合コンである。笑

ハイテンションでコールをしたり、カラオケを楽しんだりしていたそうだ。

そんな合コンを楽しむ斎藤佑樹さんについていろいろと調べてまとめてみました!

斎藤佑樹のプロフィール

生年月日:1988年6月6日(29歳)

出身地:群馬県太田市

所属チーム/ポジション:北海道日本ハムファイターズ/投手(右投げ右打ち)

学歴:早稲田実業高等学校→早稲田大学教育学部社会科社会科学専修→北海道日本ハムファイターズ

経歴:高校時代は新チームのキャプテンとしてチームを引っ張り、早稲田実業高校を甲子園優勝に導いている。また決勝では駒大苫小牧高校と当たり、15回引き分け再試合を行っている。(この時の相手投手が現ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手である。)

自分の進路に悩んだ後「人間的にも野球的にも未熟である」と発言し大学進学を決意した。

そして大学卒業後、プロ野球界入りする。

斎藤佑樹の現在(2017年)

現在、斎藤佑樹選手は2軍で活動しているようです。

けがも相次いで一軍でなかなかいい結果が得られない中で、2017年の8月に2軍に落ちてしまいました。

不調と噂のされる斎藤佑樹だが、今年9月のオリックス戦で6回2失点と好投している。

この試合について斎藤は「今までやってきたゴロを打たせるというものが形になった気がする」とコメントし、復調の兆しを見せている。

 

 

スポンサードリンク

 

斎藤佑樹の今までの成績と年棒!

高校時代は甲子園優勝などの輝かしい成績を残してきた斎藤だが、プロ入り後はどうなのか。

気になる成績と年棒をまとめてみました!

2011:勝6負6 年棒→1500万

2012:勝5負8 年棒→3000万

2013:勝0負1 年棒→3500万

2014:勝2負1 年棒→2800万

2015:勝1負3 年棒→2500万

2016:勝0負1 年棒→2300万

2017:勝1負3 年棒→1830万

通算:勝15負23 である。

この成績と年棒を見ればわかるが、あまり良い成績とは言えない。

年棒も年々DOWNしているのがわかる。

しかし今回の契約更改で「来年、栗山監督を胴上げしてほしいということと、ファイターズに絶対必要だということを言っていただきました」と発言している。

また優勝の輪の中にいたいと発言し、高校No1打者「清宮幸太郎」が入団してくるという事で「刺激を受ける」とも発言している。

来年30歳になる斎藤佑樹だが、今後彼がマウンド上で活躍してくれる日はくるのだろうか。

活躍を期待したい。

田中将大投手との比較

高校時代、甲子園決勝でともに投げ合った田中将大投手だが、今では斎藤佑樹と点土地の程の差がついている。

そこで田中将大と斎藤佑樹との比較をしてみた。

前半を田中将大とし後半を斎藤佑樹とする。

勝ち数:99/15(日本プロ野球時代)

負け数:35/23

防御率:2.30/4.24

勝率:7.39/3.95

こうしてみてみるとマー君のすごさがわかりますね。

決して斎藤佑樹選手が悪いというわけではありませんが、こうも比較してみるとその差は一目瞭然ですね。

しかし斎藤佑樹はこう発言しています。

「30歳になったら、40歳になったらどうかということは誰にもわかりませんし、そのための大学4年間だったと思っています。そこには僕、けっこう自信を持ってるんです」

その30歳が来年に控えている斎藤佑樹選手。

復活することができるか。

そしてこれからの斎藤佑樹に期待したい。

まとめ

・斎藤佑樹は引退せずに、1軍での活躍を目指して頑張っている。

・田中将大投手との差は開いたが、追い付いて追い抜くために頑張ると発言している。

ハンカチ王子から半価値王子と言われるようになったが、またハンカチ王子に戻ることができるか期待したい!

では、ばいばい!

スポンサーリンク



関連コンテンツ

スポーツカテゴリの最新記事