武部貴則教授のプロフィールや高校は?イケメン?研究内容や彼女についても!【画像あり】

武部貴則教授のプロフィールや高校は?イケメン?研究内容や彼女についても!【画像あり】
スポンサードリンク

こんにちは!

今日は学内最年少で教授になった武部貴則さんについてまとめてみました!

2017年1月22日に横浜市立大学は武部貴則准教授を15日付で教授に任命したと発表した。
そんな武部貴則教授の年齢は31歳であり、学内では現役最年少の教授であるとしている。

武部貴則教授のプロフィール

名前:武部貴則(たけべ たかのり)
職業:臓器再生医学の教授
医者を目指したきっかけ:小学生の時に父が脳卒中で倒れたことがきっかけ。お父さんは奇跡的に生還し、社会復帰できるまでに回復した。
この事が強く印象に残り、「人の命を助ける仕事がしたい」考え始めるようになったそう。しかし現在は医者ではなく、研究者である。
自宅:4万円の四畳半
出身:神奈川県横浜市
家族構成:家族は建設会社に勤める父と専業主婦の母、3つ年上の兄。

エピソード
「きな粉は何で出来ているか?」の問いに「枝」と回答。自分の興味のないことにはとことん興味がないそうだ。

高校はどこ?

出身高校は明らかになっていませんが、大学は横浜市立大学を卒業されているそうです!

研究内容はなに?

2013年に、iPS細胞から血管構造をもつ機能的なヒト臓器を世界で初めて創り出すことに成功し、注目を集める。

また再生医療の研究のほか「広告医学」という新しいプロジェクトを立ち上げ、企業なととコラボした研究開発にも取り組んでいる。

広告医学とは?

武部貴則教授が大学生の頃に思い浮かび、以来研究を続けてきた概念のこと。

デザインやコピーライティングなどの広告的視点を医療現場におけるコミュニケーションに取り入れることで、人々の健康行動の自然な動機づけにつなげようというもの。

つまり広告を効果的に使って、人々が自ら健康になるための行動を起こさせようというのが広告医学である。

武部貴則教授は横浜市のある階段にユニークなデザインを施し、上りたくなる階段として、健康行動を誘発させるものを試験的に設置した。

またこれはヨーロッパの音が鳴る階段をモデルに作成したものであるとしている。

スポンサードリンク

 

武部貴則教授はイケメン!画像は?

最年少教授になった武部貴則教授がイケメン!という噂があります。

そこで個人的に僕がイケメンだと思う画像を探してきました!

ではどうぞ!

気になる彼女や奥さん?についてはこちら!

気になったので調べてみたのですが、なかなか出てきませんでした。しかしこれだけイケメンであれば、もう家庭を持っていたり、彼女がいたりしてもおかしくありませんね!

発表を待ちましょう~。

まとめ

・学内で最年少教授になる
・再生医学や広告医学を研究
・イケメンである

など!

海外からも注目されている武部貴則教授にこれからも注目していきましょう!
では、ばいばい!

スポンサーリンク



関連コンテンツ

ニュースカテゴリの最新記事