宮川泰介選手のタックルは犯罪?逮捕されて刑務所へ?前科はつく?刑罰は?

宮川泰介選手のタックルは犯罪?逮捕されて刑務所へ?前科はつく?刑罰は?
スポンサードリンク

こんにちは!

今日は宮川泰介選手のタックル問題についてまとめてみました!!

気になるのはあのタックルは犯罪になるのかどうか

ですよね。

ではでは今回の記事では

・タックルが犯罪かどうか

・逮捕されるのか

・刑務所に行くのか

・前科はつくのか

・刑罰は何か

などについてまとめてみましたのでご覧ください!!

では、どうぞ!!

宮川泰介選手の簡単なプロフィール

名前:宮川泰介(みやがわ たいすけ)
生年月日:1998年2月26日
年齢:20歳(2018年5月現在)
出身校:日本大学豊山高等学校
大学:日本大学3年生
ポジション:ディフェンシブライン
背番号:91番

 

これから就活が大変そうですよね・・・・。

宮川泰介選手のタックルは犯罪なのか?

ではこのタックルが犯罪なのかどうかについて見ていきましょう。

 

そもそも試合でこのプレーはもちろんやってはいけない行為です。

試合的には反則もいいところです。

これは現実的に考えて犯罪なんでしょうか?

調べてみました!!

 

今回怪我を負った父親サイドから「被害届」が提出されることがありました。

「うわ!じゃあ犯罪じゃん!」

と思い方もいるかもしれませんが、これではまだ犯罪じゃないそうです。

 

被害届は真実を詳しく調べてね

といった意味なんだそうです。

なので今回警察がこのタックル問題ついて調べて

犯罪の要素があったならば、今回宮川泰介選手は罪に問われるみたいです。

 

また今回の犯罪の内容としては

傷害罪

に問われると思います。

 

傷害罪(しょうがいざい)は、人の身体を害する傷害行為を内容とする犯罪であり、広義には刑法第2編第27章に定める傷害の罪(刑法204条~刑法208条の2)を指し、狭義には刑法204条に規定されている傷害罪を指す。

また刑罰としては

1か月以上15年以下の懲役、または1万円以上50万円以下の罰金です。

ということらしいですが、これはケースバイケースみたいですね。

スポンサードリンク

 

宮川泰介選手は逮捕されて刑務所へ?

今回、被害者サイドの父親から被害届が提出されたので、

それにより事件の内容を調べて、犯罪行為だとなったら、

罪に問われる可能性もあるのではないか、と考えられます。

 

傷害罪の刑事事件として逮捕ですね。

刑務所に行くかのう背も十分に考えられます。

 

また宮川泰介選手は20歳を超えているので、

普通に社会人と同じように罪に問われますね。

 

もうたくさんの社会的制裁も受けていますが、

それほどやってはいけない行為だったということですよね。

【世間の声は?】


などなど逮捕しろ!!

との声が多くみられました。

また謝罪会見でも坊主になって出て来たことや顔出しをしたことなどを見ると、

反省している様子はあるようですが、やってしまったことは取り消せないですからね。

逮捕されて刑務所行きというのも十分にありえることだと思います。

宮川泰介選手に前科はつくのか?

前科はつくのか?という問題ですが、

これも罪に問われればもちろんつきますよね。

 

しかし、

大学時代にアメフト経験のある間川清弁護士は

「刑法には『法令又は正当な業務による行為は罰しない』という規定があり、

スポーツの試合中の行為は刑事責任を問いにくい」

と話すが、パスを投げ終えた後のタックル行為は正当なプレーではないため犯罪になる可能性も十分にあるという。

今回のまとめ

・宮川泰介選手は罪に問われる可能性が高い

・罪の内容は傷害罪である

・指示されたかどうかは関係がない

 

などなど。

20歳で犯罪者になるのはかわいそうだという声もありますが、

それほど悪質でやってはいけない行為だったということですね。

きちんと反省してほしいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました!!

 

スポンサーリンク



関連コンテンツ

ニュースカテゴリの最新記事