ニュース

東金市のバスあおり運転の犯人の名前や顔写真は?場所や犯行動機など

東金市のバスを軽乗用車であおり運転し暴行した犯行動機は何?

東金市のバスを軽乗用車であおり運転した暴行の犯人の犯行動機についてですが

路線バスからパッシングを受けたことに腹を立てた

というのが動機だそうです。

 

パッシングとは…

自動車のヘッドライトを瞬間的にハイビーム(上向き)で点灯させることです。 これを1回、または複数回することで合図を送ります。 パッシングは本来、前方にいる車に対して「先に行きたいから道を譲って欲しい」という意思表示として使われています。

パッシングはこういった意味があるので、路線バスのパッシングの意味は「道を譲ってほしい」といった意味がと推測できますね。

とはいえ、追い越し禁止の車線で「道を譲ってほしい」というのもちょっと意味がわからないですね。。

 

バスがパッシングした意味は一体なんなのでしょうか?

 

ただ、パッシングに腹を立てて暴行に及ぶのがよくないですね。

犯行動機はかなり些細なものだったことがわかります。

 

ちなみに犯人は「何パッシングしてんだこの野郎」と叫びながらバス運転手の窓を叩いたといいます。

まとめ

昨今、あおり運転の話題が多いのにも関わらず、このようなことをしてしまうのがどうしてなんでしょうか。。

とはいえ文章だけでは事件現場の様子が分からないので、実際にはバスの方もよくない部分があるのかもしれません。

 

また情報がわかり次第、追記していきます。

1 2 3