漫画家

芥見下々(呪術廻戦 作者)の読み切りまとめ!アシスタントや性別についても

この記事では週刊少年ジャンプで連載されている「呪術廻戦」の作者である芥見下々についてまとめてみました。

読み方は「あくたみ げげ」です。

何やら不気味な感じがして秀逸なペンネームだなぁと思います。

そんな芥見下々の呪術廻戦は2019年にアニメ化が決定し、今後ジャンプの看板作品になっていくのではないかと言われています。

 

そこでこの記事では芥見下々をテーマにプロフィールから読み切り作品、性別やアシスタント時代についてまとめてみました。

具体的には

  • 芥見下々のプロフィール
  • 芥見下々の性別
  • 芥見下々の読み切り作品
  • 芥見下々のアシスタント時代
  • 芥見下々の中学時代の黒歴史
  • 芥見下々の書く絵は足が太いという噂について

といった順番で解説していきます。

 

作者について知るとより作品が面白く感じると思うので、ぜひ読んでみてください。

吾峠呼世晴(鬼滅の刃 作者)の性別は女性?プロフィールや歴代作品まとめ。この記事では週刊少年ジャンプで連載されている漫画「鬼滅の刃」の作者である「吾峠呼世晴」についてまとめてみました。 鬼滅の刃は最初「...
藤本タツキ
藤本タツキ(チェンソーマン 作者)の読み切り!性別は女性?顔/経歴/大学などこの記事ではネジが外れていると言われている漫画家「藤本タツキ」についてまとめてみました。 藤本タツキは過去にジャンプ+にて...

芥見下々のプロフィール

まずは芥見下々のプロフィールからです。

 

名前:芥見下々(あくたみ げげ)

性別:不明(女性ではないかと言われている)

生年月日:1992年2月26日

年齢:27歳

出身:岩手県(宮城県仙台市?)

趣味:散歩・ラジオ

好きな漫画:大蔵モテ王サーガ

性格:担当の不始末も笑って許す笑顔が眩しい方

備考:週刊少年ジャンプで「呪術廻戦」を連載中

 

出身については岩手県と宮城県仙台市という2つの地名が噂されています。

Wikipediaによると「出身は岩手県」と書かれているので、どちらかと言えば岩手県の方が有力な感じがしますが、芥見下々が呪術廻戦を連載される前の読み切りの時に…

このようにSNSで呟いていた方がいました。

調べたところ、読み切りが載っていた当時のジャンプの担当の推薦コメントに「仙台が生んだ鬼才」と書かれていたことから「仙台出身」という噂が広がっていったようです。

となるとどうして「岩手県」という情報が出てきたのか…謎です。

芥見下々の出身は「岩手県 or 仙台」といった感じということにしておきましょう。

芥見下々の性別は女性なのか?

性別が非公表の漫画家で言われがちなのが「性別は女性」という噂です。

芥見下々も例外ではなく、ネット上で様々な議論がされています。

この記事では芥見下々が女性と言われる理由を簡単にまとめてみました。

女性と言われる理由

  • 自画像で女性と思わしき人物を描いていた
  • 作中でのセリフが女性が考えたものっぽい
  • 「寝不足か?毛穴開いてんぞ」というセリフ
  • 性癖をカミングアウトするキャラがいる
  • 作者と漫画のキャラが話すおまけ漫画がある

男性と言われる理由

  • 男の自画像の時代もある
  • 「KISS×DEATH」の最終回巻末で「芥見下々君」と書かれている

といった感じですね。

 

ちなみに自画像に関しては

(引用:動画視聴.jp

(引用:超ジャンプ速報まとめ

このように女性バージョンと男性バージョンが存在します。

 

「KISS×DEATH」の最終巻巻末の芥見下々君はこちら

しっかりと君付けで呼ばれていますね。

 

なかなか男性か女性なのかの判別は難しいところですが、個人的には「面白ければよし」と思っています。

最近は女性漫画家も増えていますし面白い少年漫画を描いてくれれば性別は関係ないですね。

バクマンでいうところの「マンガは面白ければいい」といった感じです。

【呪術廻戦連載までの道のり】芥見下々の読み切り作品まとめ

ここからは芥見下々の呪術廻戦連載までの道のりと称して、芥見下々の読み切り作品をまとめてみました。

芥見下々は今までに

  1. 神代捜査
  2. No.9
  3. 二界梵骸バラバルジュラ
  4. 東京都立呪術高等専門学校
  5. 呪術廻戦

といった5つの作品を生み出しています。

 

では1つずつ解説していきます。

①神代捜査

神代捜査は2014年のジャンプNEXTにて掲載された読み切りです。

これが芥見下々のデビュー作品となります。

 

あらすじ:島全体が覆われ閉じ込められるという謎の現象が発生。そこに雨宮鈴のコンビが蓋を開けて侵入してきて、この蓋は神の仕業であり犯人は島内にいると伝え…。

②No.9

No.9は2015年にジャンプNEXTで掲載された読み切り作品です。

芥見下々の2作品目ですね。

 

あらすじ:特殊な力を使うヤクザの主人公「九十九恢勝」と普通の高校生の「五十猛愛」の物語。世界の裏側の存在「入(イリ)」の能力をテーマとして作品です。

③二界梵骸バラバルジュラ

二界梵骸バラバルジュラは2016年に週刊少年ジャンプに金未来杯で初掲載された読み切りです。

芥見下々の3作品目となります。

ちなみに金未来杯で良い結果を残すと連載に繋がりやすいと言われています。

 

あらすじ:ヤンキーがガンダムっぽい機械に乗る作品。エヴァンゲリオンのパクリと揶揄されているところもありました。(情報が少なくすみません…)

④東京都立呪術高等専門学校

東京都立呪術高等専門学校は呪術廻戦の前身と言われている作品で、正式な前日譚となっています。

またこの作品は2017年にジャンプGIGAにてvol.1〜vol.4まで連載されていました。

2018年12月4日には「呪術廻戦0巻 東京都立呪術高等専門学校」として発売されています。

 

あらすじ:呪術廻戦の前身となる作品で、主人公の乙骨には里香が取り付いていました。そしてその里香が同級生に重傷を負わせたことで乙骨は呪術師達から死刑宣告されます。

そして乙骨は東京都立呪術高等専門学校に入り、里香を解放するために呪術師にを目指すようになり…。

⑤呪術廻戦

呪術廻戦は芥見下々の本誌初の連載作品で2018年よりスタートしています。

2019年10月現在で単行本7巻(あと0巻)が発売されていて、アニメ化も決まっています。

 

あらすじ:ある強力な「呪物」の封印が解かれたことで、高校生の虎杖は、呪いを廻る戦いの世界へと入っていく…!

 

 

こうして作品を通して経歴を見てみると22歳でデビューして26歳で本誌連載デビューとなっています。

これはかなり天才肌だと思いますし、漫画家として成功するのも早いのではないでしょうか。

いずれジャンプの看板作品になっていくかもしれませんね。

芥見下々のアシスタント時代

芥見下々は絵柄や作風から冨樫義博のアシスタントをしていたのでは、という噂がネット上で出回りました。

しかし冨樫義博の元でアシスタントをしていたという事実は見つかっていません。

 

芥見下々が冨樫義博の作風に似てるというのには理由があります。

以前、インタビューにて「影響を受けた漫画家だと数えきれない。呪術廻戦は横道にちゃんと向き合うことを目標にしているので、いい意味でも悪い意味でも既視感が多いと思う」とコメントしていました。

 

色々な作品に影響を受けているからこそ、作風が似てきてしまうというわけです。

そのせいか「HUNTER×HUNTER」「BLEACH」に似てると言われることが多いです。

 

では芥見下々はどこでアシスタントをしていたのでしょうか?

実は少年ジャンプ+で連載していた叶恭弘先生の「KISS×DEATH」の最終回巻末に叶恭弘先生の元でアシスタントをしていたという情報がありました。

それがこちら。

「元スタッフ」としっかり書かれているのでアシスタントをしていたことは間違いないでしょう。

芥見下々の中学時代の黒歴史

ここからは芥見下々の中学時代の黒歴史について解説していきます。

呪術廻戦はHUNTER×HUNTERやBLEACHに似てると言われることが多々ありますが、どうやら芥見下々もBLEACHは好きだったようです。

その証拠に芥見下々は中学時代に「(ブリーチの作者である)久保帯人先生に憧れて書きためていた詩集がある」と語っていました。

(引用:あにまんch

タイトルは「雲の巨人」といいます。

 

なかなかの黒歴史ですが、これをおまけ漫画として書いて読者に知らせるというのもすごいなと感じました。笑

芥見下々の書く絵は足が太いという噂について

個人的に呪術廻戦は女の子の絵が可愛いと思っているのですが、芥見下々は昔「描く女の子の足が太い」と話題になったことがあります。

そのせいか二界梵骸バラバルジュラの読み切りが載った本誌では、担当と芥見下々で「足が太い」「太くない」「太いって!」「太くないって!」といったように性癖の違いで喧嘩しながら描いたと掲載されていました。

 

しかし呪術廻戦は足も太くなく可愛い女の子との身体がきちんと描かれています。

どうして足が細くなっていたのでしょうか。

足が細くなっていったのはお兄さんの結婚式がきっかけ

芥見下々の描く女の子の足が細くなっていったのはお兄さんの結婚式がきっかけでした、

芥見下々は式場に飾る「ウェルカムボード」を描いて、それを見たお兄さんのお嫁さんが「私の足ってこんなに太い?」とショックを受けられ、芥見下々も家族にたくさん責められてしまいました。

そこで改めて自分の描いた絵をみて、そこから足を細く描くようになりました。

 

ジャンプのコラムでは「呪いが解けたように足を細く描くようになった」を書かれていて、どれだけ「足を太く描くことに固執していたんだ」と思いますよね。笑

まとめ

この記事では呪術廻戦の作者である「芥見下々」についてまとめてみました。

 

簡単に内容をまとめると…

芥見下々は週刊少年ジャンプで連載されている呪術廻戦の作者。

出身は岩手県か宮城県仙台市と言われている。

 

性別は女性という噂もあるが、正確な情報ではない。(今のところ、どちらでもおかしくはない)

 

今までに「神代捜査・No.9・二界梵骸バラバルジュラ・東京都立呪術高等専門学校・呪術廻戦」という5つの作品を描いてきた。

 

叶恭弘先生の「KISS×DEATH」でアシスタントをしていた。

中学時代に久保帯人先生の真似をして詩集を書いていた。

昔描いていた女の子は全員足が太かった。

といった感じですね。

これから週刊少年ジャンプの看板になっていく作品だと思うので、これからも期待していきましょう!

POSTED COMMENT

  1. 030 より:

    絵柄から見るとアシスタントのとこは冨樫義博な感じ。

  2. あう より:

    無料公開期間は過ぎましたが
    ネット配信版KISS×DEATHの最終回の巻末コメントで
    叶恭弘先生がKISS×DEATHの1話から手伝ってくれた
    アシスタントのデビュー作として呪術廻戦の宣伝をしていましたよ。
    アプリとコインがあれば読めるかもしれませんが確認はしていません
    https://shonenjumpplus.com/episode/10834108156629606978

    • はる より:

      あうさん、情報提供のコメントありがとうございます!!
      アプリで確認したところ、叶恭弘先生の元でアシスタントをしていたそうです!