経営者

前澤友作の年収はいくら?自宅や車がすごい?お金の使い方が豪快と噂!

こんにちは!

今回はZOZOTOWNを運営するZOZOの創業者であり、代表取締役社長 前澤優作さんについて調べてみたいと思います!

 

ジャン=ミシェル・バスキアの絵画を123億円で落札をしたり、個人で「100万円を100人にプレゼントする」驚きの企画をたてり、ご自身が所有する現代アート作品「アンディ・ウォーホル(Andy Warhol)」や「エド・ルシェ(Ed Ruscha)」をサザビーズに出品されたりと大きな話題でワクワクさせてくれる方ですね。

今回の記事では

  • 「前澤優作さんのプロフィール」
  • 「前澤優作さんの年収はいくら?」
  • 「前澤優作さんの自宅がすごすぎた!
  • 「前澤優作さんの所有している車が驚き!
  • 「前澤優作さんお金の使い方が豪快と噂」

といったことについてお話していきます!

前澤友作の簡単なプロフィール!

前澤友作(まえざわ ゆうさく)

1975年11月22日生まれ

千葉県鎌ケ谷市出身

経営者

 

1994年 早稲田実業学校卒業

1995年 輸入レコード・CDの通販ビジネスを始める

1998年 有限会社スタート・トゥデイを設立

2000年「EPROZE」ファッション専門オンラインショップ開設

2004年「ZOZOTOWN」通販サイト開設

2007年「株式会社スタートトゥディ」東証マザーズに上場

2012年「株式会社スタートトゥディ」東証一部に市場変更

 

前澤さんは幼いころから「競争」が好きではなっかたと語られています。

 

地元千葉県の中学校を卒業し、毎月繰り返される学力テストや進学校の早稲田実業学校へ満員の通勤電車通い、大人たちの表情を見てこのまま大学へ進学し、就職するという社会のレールに乗ることに「いやだ」と思ったそうです。

 

登校にも疑問を持ち始めパンクロックのバンドに魅力を感じ、学校を休みバイトをし、スタジオを借りて練習をするという日々を過ごし高校生活を終えたのだそう。

 

その後、短期留学をし世界中からマニアックなレコードを輸入し、カタログ通販を始め音楽活動と並行して運営を始め利益が出たそうです。

その後「ZOZOTOWN」通販サイト開設し、東証一部に上場するほどの大きな企業と成長されました。

前澤友作の年収はいくらなの?

前澤友作さんはZOZOTOWNの創始者で代表取締役。

 

年収は、いくらになるのかと調べてみたところ、なんと推定30億円と言われています!

月収で計算すると2億5千万になります。

 

ZOZOTOWNの経営が順調なことがうかがえる数字ですが、驚くしかありません。

前澤友作の収入源はどこから?

年収30億円と言われている前澤さんの収入源はどこからなのかも調べてみました。

 

米国フォーブス誌によると

2018年度は、総資産額は2,889億円で、日本長者番付18位

2019年度は、総資産額は2,220億円で、日本長者番付23位

受取配当金ランキングによると配当金が35億円あると言われています。

 

前澤さんは「今の資産を手にできた理由は、20年前に数百万で購入した自社株の価値が10万倍になったから」だとご自身のツイッターで発信されています。

前澤友作の自宅が凄すぎた!

前澤さんの建設中の自宅が豪邸です!

 

ご自身のインスタにアップされている画像も凄すぎます!

玄関の石組みだそうです。

 

View this post on Instagram

still under construction #maezawahouse

A post shared by Yusaku Maezawa (MZ) (@yusaku2020) on

お庭だそうです。

 

建設場所は「西千葉」と言われています。

ご実家が「千葉県船橋市」。

 

経営しているスタート・トゥデイは「千葉県千葉市」。

そして、2019年2月13日には、ZOZOの新拠点を「西千葉」に建設すると発表があったので、ご自宅も「西千葉」の可能性は高いですね。

前澤友作の所有している車が驚き!

前澤さんの高級車コレクションですが、特注で世界に1台しかない車や、億を超える車があったりとコレクションがまたまた圧巻です。

私は、車のことはよくわかりませんが、前澤さんのツイッターやインスタにアップされていた車を集めてみたのでご紹介します。

 

「パガーニゾンダ」を特注でオーダーされたそうです。

イタリアの超高級車。

3億円といわれています!

 

「ブガッティ・ヴェイロン」

2億5千万円と言われています。

エルメス仕様になっています!

 

 

「アストン・マーティンOne-77」

1億6000万円と言われています。

限定77台で発売され日本には1台しかないそうです。

 

 

「メルセデス マイバッハ G650 ランドレー」

 

「フェラーリエンツォ」

7,850万円と言われています。

世界で399台が発売され日本には33台のみ正規輸入されています。

 

前澤友作のお金の使い方が豪快と噂!

総資産額が2,000億円を超える前澤さんのお金の使い方を探ってみました。

 

  • 月旅行700億~1000億円(2018年9月18日日刊スポーツより)
  • ジャン=ミシェル・バスキアの絵画を123億円で落札
  • 千葉県に建設中の豪邸推定100億円
  • プライベートジェット「ガルフストリームG650」約70億円(年間維持費2億円)
View this post on Instagram

男旅PART2

A post shared by Yusaku Maezawa (MZ) (@yusaku2020) on

 

この金額を見ると「100万円を100名にお年玉」が小さい額に感じてしまいます!

数々の高級外車の値段も驚かなくなってしまう、金銭感覚に陥ってしまいました!

まとめ!

とにかく、資産が想像を超えた額の前澤さんでした!

 

自社株、プライベートジェット、高級車、絵画、自宅。

競争が嫌いで「みんなでキャンプに行く感じで仕事をしてる」と語る前澤さんのプライベートは、好きなことを好きなものを楽しい時間を手に入れたいという、うらやましい限りの時間を過ごされていました。

これからも、ワクワクする話題を提供していただけることを期待しています!