ももクロの緑こと有安杏果が卒業!理由は仲間はずれ?島田秀平の占いが怖い!

ももクロの緑こと有安杏果が卒業!理由は仲間はずれ?島田秀平の占いが怖い!
スポンサードリンク

1月15日にももくろの緑こと有安杏果が卒業を発表しました。

そこで今回はそれについて解説していきたいと思います!

ももくろのメンバーと経歴

「ピュアな女の子が幸せを届ける」

というコンセプトのもと2008年5月17日に結成。

その時のメンバーは6人。

2011年4月10日に早見あかりが脱退。

名前をももいろクローバーZと変える。

そして現在の5人メンバーの

百田夏菜子(ももたかなこ)赤

玉井詩織(たまいしおり)黄

佐々木彩夏(ささきあやか)ピンク

有安杏果(ありやすももか)緑

高城れに(たかぎれに)紫

となる。

車中泊で全国各地を回るなどの下積みを2年間経験したあと、メジャーデビューを果たす。

その後はライブに軸足を置いて活動し、2014年と016年には女性アーティスト1位となる。

ももくろの緑こと有安杏果とは

本名:有安杏果(ありやすももか)

生年月日:1995年3月15日

出身:京都府

経歴:1995年から芸能活動を始める。

1995~2008 キッズタレントやダンサーとして活躍

2009~2015 ももクロとして活動

2016~2017 ソロ活動など多方面で活躍

そして今回2018年1月15日に1月21日に行われるLIVEをもって、ももクロ卒業することを発表した。

スポンサードリンク

 

緑っていじめられてる?仲間はずれの真相とは。

ももクロは5人組でみんな仲がいい!とおもわれがちですが、最初からそうではなかったようです。

今回卒業する有安杏果は一番最後にももクロに加入したため、最初の方は少し距離があったようです。

当時の写真が何枚か流れて、有安杏果さんがぼっちでいる画像や少し距離が離れていると言った画像が出てきます。

しかし仲が悪いとかではなく、有安杏果さんは表舞台のオンと楽屋のオフ意識してきたことなどが影響し、ももクロのメンバーと壁を作ってしまっていたそう。

しかし2012年に行われたとあるLIVE後に、もっと輪の中に入ってきてほしいと言われ、2時間ほどの話し合いが行われた。

その結果、ももくろのメンバー皆と仲良くなり、壁はなくなったという。

今回の卒業の理由

そんな今回卒業するももクロの緑こと有安杏果だか、上記でわかるように理由はいじめだったりはぶられだったり、仲間はずれではなさそう。

気になる理由とは一体何なのかというと

「普通の女の子に戻って生活してみたい」とのこと。

今まで生まれてからずっと芸能界で生きてきた有安杏果さんにとっては普通の生活は憧れだったのかもしれない。

芸歴22年目とはいえ、年齢は22歳。

普通の生活に憧れるのもわかるような気がする。

有安杏果さんは

普通の生活に戻って予定のないゆっくりとした時間を過ごしてみたい」

と発言している。

今、とても人気があるももクロを卒業するということは彼女にとっては大きな決断だっただろう。

ファンは彼女の卒業を悲しく思うかもしれないが、これからの彼女の後押しをして応援してあげるのが本当のファンではないだろうか。

これからの有安杏果さんに幸せがありますように。

島田秀平の占いってなに?

さてここで話は変わりますが、今回の卒業で島田秀平さんの占いが怖い、とい噂になっています。

テレビ朝日系で放送されている通称「ももクロちゃん」において2013年末、島田秀平さんがももクロについて占っていました。

それがこちら↓

「2013年は、人を大事にする年」

「2014年は爆発の年」

「2015年は足場をしっかり固める年」

「2016年は挑戦の年」

「2017~2018年は辞めちゃダメな年」

「2019年はご褒美の年」

「2020年は集大成の年」

 

と、2018年はやめちゃダメな歳だそう。

ここまでピンポイントに当てられると正直怖さを覚えますね。

しかしそれでも決断したももクロの緑こと有安杏果さん。

これからの有安杏果さんに何もなく、普通の生活が送れるように願いを込めて、、。

まとめ

ももクロの緑こと有安杏果さんが卒業を発表

・1月21日の幕張のLIVEが最後の活動

・理由はいじめでもなんでもなく、普通の生活が送りたいため

・島田秀平さんの占いでは2018年はやめちゃいけない年。

など!

これからの有安杏果さんの最後のLIVEに注目しましょう!

では、ばいばい!

スポンサーリンク



関連コンテンツ

音楽カテゴリの最新記事